パワーポイントで文字を入力しようとするとテキストボックスから横書きなり、縦書きなりを選択して文字を入力されることかと思います。たまに文字を入力する時でも、シェイプを使われる方も見かけますが、どちらの方法でも設定は同じです。

◆テキストのレイアウトを設定する
「テキストのレイアウト」とは、テキストボックス内の 上下の位置と、そのテキストボックス内の左右の位置を中央に持ってくるための設定です。
PowerPoint2003と2007では呼び名が違 い、ちょっとややこしいので、項目ごと説明いたします。

PowerPoint2003 【テキストアンカーの位置】
メニューバーの「書式」→ 「プレースホルダ」を選択

PowerPoint2007 【テキストのレイアウト】
リボンメニューの「ホーム」→ 「段落」→「文字の配置」→「その他のオプション」を選択

  • 【上】【上下中央】【下】
    この3項目は読んで字のごとくなので説明を省きます。
  • 【上中央】
    プレースホルダ(オートシェイプ)内で、上に配置し、さらに左右の中央にテキストを配置します。
  • 【中心】
    上下の中央かつ左右の中央、いわゆる中心です。
  • 【下中央】
    上中央の下バージョン、プレースホルダ内の下に配置し、左右の中央にテキストを配置します。

ここで混乱するのが、書式設定の左揃え、中央揃え、右揃えです。
テキストの揃え位置は、上記操作で設定 した「テキストのレイアウト(アンカーの位置)」の設定内容を優先します。そのため、「上中央」「中心」「下中央」が設定さ れている場合は、書式設定で、揃えを選択しても、変更されません。


PowerPoint2003


PowerPoint2007

次回は余白の設定を説明します。

 

この投稿は役に立ちましたか? 役に立った 役に立たなかった 0 人中 0 人がこの 投稿 は役に立ったと言っています。